鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

妻に報告

今日の主治医との面接内容を妻に報告しました。

改めて、言い合いしたときの私の気持ちを言いました。

「正直、責められてる気持ちになった。お寺の代理人のように質問攻めで嫌だった。ここから出ていってくれ!離婚したい、とも思った。本当に辛かった」
「お寺からの電話で、本人がどうしたいのか話を聞きたいって言わたから、その気持ちが残ったままであなたに質問してしまった。結果、苦しめてしまった。そんなつもりはなかったけど、もう会いに行ったらいけないのかと思った」

泣かせてしまいました。
「お寺に復帰する、しないであなたが苦しむなら、改善策を待つより、もう辞めたほうがいいかと思う。その方があなたのためにもなる」
泣き続けていました。
なんでこんなことになったのか、私がうつ病になったからなのか。お寺が悪いのか。
信仰に縛られて苦しむなら、信仰は辞めようと思います。
家族で苦労しながらも生きていくことが大切なのかもしれない。そう、思います。
電話を切った後も苦しくて仕方ありません。また死のうかなと逃げ出したい気持ちになりました。
お寺に縛られ、信仰に縛られ、苦しめられるだけの人生を耐えてきました。
もう限界です。

今は何も考えたくない。ただ、妻を苦しめ、泣かせたことが悔しくてたまりません。一生懸命につくしてくれてるのに、私が責めてどうするんだ。
今晩は引きずったまま眠ることになります。
もうすぐで入院1ヵ月。最悪の夜になりました。


少しでも不安が小さくなりますように。