鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

長男の授業参観

ドキドキしながら参観しました。道徳の授業で、「何をしたらいけないのか」というテーマでした。一生懸命な姿をじっと見つめていました。私のテンションも高くなっていたし、たくさんの人に紛れたのもあって、少し疲れたので自宅で寝ました。

 

長男が日直だったので、最後の授業の終わりの挨拶を教壇の前に立って言っている姿に涙が出そうになりました。

成長してるなぁ、頑張ってるなぁ、親バカかもしれませんが、すみません。

 

入院している今日までの2ヶ月間、別次元で暮らしていているような感覚で、家族との距離ができてしまったような気持ちでしたが、妻が全てをしっかりしてくれているので安心しています。

 

今日の授業参観は、私にとって退院へ向けての良い刺激になりました。

 

少しでも不安が小さくなりますように。