鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

主治医との定期面接

話す内容はもちろん、6月15日のお寺との話し合いのことです。

とにかく信用できない、嘘をつく、だます、そんな人間が来るので注意してますと話しました。
当日にならないと分からないことばかりで、「不確定要素が多すぎるので何とも言えない」と言われました。
今回、主治医が了解されたのは、復職した場合の復帰の目途です。
私は8月初旬まで入院し、その後、1ヵ月位を自宅療養してから、9月の中旬に復職するのが自然かなと思います。その目途については、主治医が了解されました。

後は当日に向けて、そばにいるから安心してください、との言葉に安堵した気持ちがありました。
私の病棟の看護師さんからも応援してるとの言葉に涙が出そうになりました。
当日に向けて、がんばります!


少しでも不安が小さくなりますように。