鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

自己肯定感

ある患者さんの話です。
カウンセリングで、「周りに影響されやすいから、自己肯定感を持たないと将来には後悔する」と言われたそうです。
私の自己肯定感て何?
難しいことを言われたんだなぁと思いました。その患者さんは、自己肯定感を探すことに苦慮していたようで、相談に乗りました。
言葉の意味やカウンセラーの意図がわからないですが、自分の良いところを見つけることかなと思います。
そこで、「優しさを持ってること。周りに合わせる器用さを持ってると思ったら?」と私は答えました。患者さんなりに、納得したところがあったようです。

私も自分の自己肯定感を考えると、正直、よくわかりません。

主治医から言われた「特徴やクセ」を探すことと同じことかなと思いました。
言葉を変えれば、自分を好きになることかもしれません。
なんか相談にのって、改めて自分に問われているような気がします。
自己肯定感、
難しくて分からないです(笑)


少しでも不安が小さくなりますように。