鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

相部屋が埋まる

私の相部屋に、新しい方が入ってこられ、定員の3名が埋まりました。まだどんな方かお会いしてませんが普通の人でありますように(笑)

個室と違って、相部屋は自由にできないところが多々あります。その中でも、最も調整が難しいのがエアコンの温度です。

2番目に入ってこられた若手は、わざわざ看護師の詰め所まで行って、エアコンが寒いと言ってます。

若手がちょこちょこ温度を上げたり下げたりしているので、私は結構気を使って、彼の要望を受け入れてます。

詰所まで行って言うなら、個室に移動しろ!

相部屋の意味がわからないなら個室へ移動しろ!

この腹立たしさに折り合いをつけるなら、どうすべきか考え中です。

私が大学生の時は大学の寮生活でしたので、相部屋の経験があります。少しは理解してほしいなぁと思います。

 

少しでも不安が小さくなりますように。