鬱ってステキです。

鬱病で入院したときに書き始めた日記です。鬱ってステキだと思える日記になればなぁと思ってます。

令和元(2019)年8月定期診察

毎月一度の定期診察に行ってまいりました。

実は、薬が昨日で無くなってしまい、慌てて休日を変更して診察してきました。

最近、業務が忙しくて。ご承知のように、お盆は繁忙期なんです(T_T)

 

さて、受付を済ませ、ソファーで待機していると、入院中に仲良くしてもらっていた女性と再会しました。一年ぶりなので、覚えていないだろうと思っていたら、「あらー。久しぶり。今何しているの?仕事しているの?」と声をかけてもらいました。

とても汗かきで、夏が嫌いだと言われていたので、夏バテのような顔をしていました。それでも声をかけてもらって嬉しかったです。

 

その瞬間に入院していた頃のことを思い出しました。私がお寺のお坊さんだと周知されるようになると、看護師さんや入院患者さんから、相談されるようになりました。

精神病院なので、体調不良のことや、恋愛のこと、葬儀のこと等々、色々な相談に乗っていました。

 

個室から大部屋に移動した時には、さらに相談事が増えて大変でしたが、やっぱり私はお坊さんとして生きるのがあっているんだなと実感しました。

 

そんなことを思い出しながら、ふと、入院中に連絡先を交換した男性にLINEで連絡ました。

「入院中が懐かしい、なんか楽しかった」

「ぼちぼちやっている。部署異動したので安定している」

という内容が帰ってきて、一安心しました。

 

通院していないとのことだったので、会う機会はありませんが、ときどき連絡を取る関係を継続したいなと思ってます。

 

さて、主治医との診察の報告です。

「最近はどうですか?」

「まあ、ぼちぼち、欠勤せず、なんとかやってます」

「それは良かった。なんか楽しみって持ってる?」

「いやー。特には(陶芸やってるけど、まあ、いっか)」

「なんでも良いから楽しみを見つけると、仕事の取り組みも変わってくるよ」

というような感じで、主治医からの課題は、

①仕事も生き方も水準を高くしないこと。

②生きる楽しみを見つけると。

の2点を与えられました。

 

②は陶芸と花で楽しみを見つけていますが、①は大きな課題です。鬱病になった私の原因です。ほどほどにって感じで60%ぐらいの成果でいいかって思いながら仕事してます。

もうがんばらない。無理しない。いつも自分に言いきかせています。

二度寝したって良いじゃない。妻に腹が立って良いじゃない。何もできない火があっても良いじゃない。そんなあなたが大切です。

 

良い人生が歩めますように。

お盆

8月はお盆の月です。ご先祖様をご自宅にお迎えして供養を積んでお帰りいただくという行事です。宗教によってさまざまな考えがあるので、一律には言えませんが、日本人はお盆の行事をそれなりに大切にしているようです。

 

さて、私が勤務するお寺でも13日~15日の3日間はお盆供養として行事が行われます。

この3日間の業務は大別すると、

①初盆を迎えた信者様(檀家、門徒など色々)宅を訪問してお参りをするグループ

②居残ってお寺の行事を執行するグループ

に分かれます。

私はいつも外出グループだったのですが、昨年の鬱病入院を配慮され、今年は居残りグループになりました。

なので、少しゆっくりできます(*^_^*)

 

バタバタせず、ゆったりとできるって本当に良いなあと感じてます。物事をどう受け止めるか、心の問題ばかりを気にしていますが、やっぱり環境も大事だなと実感します。

 

さて、ご先祖様に喜んでもらえるように、がんばってきます。

 

良い人生が歩めますように。

同僚を観察

最近仕事が忙しく、ゆっくりできないです。

部署異動したのに、ヘルプの依頼が多くて。

でも、前部署と比較すれば大丈夫です。

そう思いながら、無理せず焦らずを大切にしながら、100%以上のことはしないように心がけています。

 

先日、大きなイベントがあって、ヘルプ依頼がありました。

忙しくがんばっている、ある同僚を見ると、「ああ、自分もこうだったな」と思いました。

同僚を観察していると、こんな状態になると鬱を発症するだろうなというのが分かります。私の感じた例です。

①一人じゃできないのに、一人でやろうとしている。

②休日を返上してがんばっている。

③限界を感じているのに、それでも無理をするから、イライラしている。

④確実にやろうとするが、漏れが出てくいる。

⑤手伝ってもらいたくても、誰もいない。

⑥手伝ってくれる人がいても、手分けする方法が分からなくなって困っている。

⑦結局、自分がやればいいと決めてしまう。

⑧本人に自覚がないが、イライラした感情が表出している。

⑨休憩しない。休憩しようとする意識がない。

⑩突然面倒くさくなって、いい加減になっている。

⑪もはや疲労困憊で、意識が遠くに行っているが身体は動いている。

⑫こうしたらいいのでは?というアドバイスを聞き入れられない。

 

そんなことが見えてきました。私もこんな状況になっていたので、鬱を発症したんだと思います。

その他にも、パワハラなどなど、たくさんの原因があります。

こんな状況でもがんばっているのに、得られるものは苦しみです。

経営者一族のばかやろー。

役職者のばかやろー。

 

同僚がおかしくならないことを願うばかりです。

 

 

 

良い人生が歩めますように。

 

 

 

親子陶芸教室に行ってきました。

先日、親子陶芸教室に子ども達と行ってきました。

テキパキと作る子供達の様子を見た先生が、「手際が良いんだけど・・・。しかも上手だ」と褒めてくださいました。

実は、前日の夜、紙粘土で練習していたのです。練習なんて不要だとは思うのですが、長男の性格を考慮したんです。

長男は初めての経験に出会うと緊張してしまい、戸惑いが生まれると、不機嫌になったり泣き出したりしてしまいます。最初の頃は、長男の性格がよく分かっていませんでしたが、少しずつ理解することができたと思います。

練習のおかげで、不機嫌になることはありませんでした。

 

子ども達の様子を見て、私が一番びっくりしたのは、先生の話をよく聞いて理解していることでした。うんうんとうなずいて、その通りにするんです。

親ばかですが、人の話をしっかりと聞き、理解することができるんだなと感心しました。

今回は一人2種類を作りました。もちろん、先生や私が手を加えましたが、とても上手に作りました。

「この器用さはお父さんに似たのかな?」と言われ、恥ずかしくなりました。

とても楽しい時間を過ごすことができたようです。

 

f:id:naofumi7023310:20190728135146j:plain

f:id:naofumi7023310:20190728135219j:plain

f:id:naofumi7023310:20190728135251j:plain

良い人生が歩めますように。

初電動ろくろ作品

電動ろくろに挑戦して約半年。

手びねりと電動ろくろでは、基本は一緒なんですが、作り方が異なります。

悪戦苦闘しながら、やっと完成したのが3個。湯呑みを作ったつもりですが、おちょこのような大きさになってしまいました。

電動ろくろの初作品としては立派でしょう!と思ってます(*^_^*)

 

鬱病患者さんには集中するっていうことが回復にとても良いそうです。

入院中に出会った作業療法の中で、一番楽しみだったのが陶芸です。

明日は、親子陶芸教室です。子ども達は楽しみにしているので、私も一緒に楽しんできます!

 

f:id:naofumi7023310:20190724113220j:plain

f:id:naofumi7023310:20190724113301j:plain

f:id:naofumi7023310:20190724113336j:plain

 

新しい花

色々と忙しかった今月。子ども達は夏休みに入りましたが、なかなか遊んであげられません。

 

先日、新しく花の苗を買いに行きました。自宅玄関前の花が全滅してしまって。

私の激務による疲労感を吸い取ってくれたのでしょうか。

さて、購入した花は、花こしょう、日々草、名前不明の3種類。

全部で500円ぐらいかな。

帰宅したら癒されます。帰宅したら仕事はしない、仕事のことは考えない、そう思っても性格的になかなか変われません。

なので、花を見て、気持ちの切り替えになったらいいなって思います。気持ちを切り替えて、自宅に入る。そんなんだから、花が全滅したのかもしれません。

数々のお花さん、ありがとう<(_ _)>

 

f:id:naofumi7023310:20190719115937j:plain

f:id:naofumi7023310:20190719115923j:plain

f:id:naofumi7023310:20190719115905j:plain

 

良い人生が歩めますように。

一人暴走 後編

翌日、他部署で業務の打ち合わせをして、少し時間が取れそうだったので、部署に戻ることにしました。お坊さんは、業務開始が8時で、事務員さんは9時開始なんです。

昨日の緊急事態の経緯を詳しく聞こうと思って、9時頃に部署長の部屋に行きました。

私「急ぎって言うことでしたが、何があったんですか?」

部署長「いや、まあ。えっと・・・今月の会議までに急がないといけなくなったので。」

私「そうですか。では、今月の会議に当資料を提出するんですね?」

部署長「そうですね・・・。」

心の声(怪しい。こいつ、もしかして・・・。)

私「先日の打ち合わせでは、9月の会議に提出する予定で、このように資料を作成しようと言うことでしたが。急ぎと言うことですので、今からしようと思いますが。」

部署長「いえ。大丈夫です。」

私「急ぎなんですよね。まだ会議まで1週間ありますが。」

部署長「いえ。大丈夫ですよ。こちらでしますから。同僚さんにもお願いしていますから。」

心の声(やっぱり怪しい。)

私「そうですか。分かりました。では、手伝いに戻ります。」

 

結局、なぜ急がなければならなくなったのか、理由は聞き出せません。とりあえず、同僚のいる部屋に行ってみることにしました。

 

私「おはようございます。」

同僚「あっ!昨日はすみません。緊急ってことだったんです。」

私「いえいえ。謝ることはないです。いつでも電話してください。で、なんで急ぎになったか・・・分かりませんよね?」

同僚「すみません。私さんから業務の進捗は聞いていましたが、なんで急ぐことになったのか・・・そんな話だったっけと思ったんですが・・・分かりません。」

私「ですよね。うーん。ちょっと今日から3日間は不在なので、迷惑かけますが、お願いします。」

 

結局、なぜ急がなければならなくなったのか不明なまま、他部署の手伝いに向かいました。

 

なんとか他部署の手伝いを追え、イベントの片付けなどもして、疲労困憊で会議の2日前に部署に戻ってきました。

会議は前回の続きをするので、配布済の資料を使って検討するのです。急ぐ必要なんてないのに。どうするのかなあと思いながら、部署長や同僚が出勤するのを待っていました。

 

同僚「部署長と分担して資料は完成しました。データはこちらに保存しています。」

私「ありがとうございました。えっと、ここですね。これを基にした資料は?」

同僚「え?資料ですか?」

私「そうです。この資料は基礎データになるので、それを基に資料を作成しないといけないんです。」

同僚「・・・。」

私「ま、部署長に聞いてきますので、大丈夫ですよ。」

 

早速、部署長に緊急事態の資料の件を再確認するため、部屋に歩いて行く途中に感じました。

やはり急ぐ必要はなかった。これは部署長のお得意の「暴走」ではないのか。

 

私「資料を確認しました。不在ですみません。」

部署長「大変でしたでしょう。お坊さんの業務は大変ですね。」

私「それで、急ぎの資料ですが、明後日の会議に出されるんですよね?」

部署長「それなんですが、やっぱり無理ですよね。前回の資料の検討も残っていますしね。この前話したように、資料はある程度、こちら(部署長と私)でまとめてから、こういう方向で進めたいと言った方が良いでしょう。まあ、9月ぐらいに出せたらいい良いんじゃないですかね。」

心の声(やっぱりー! 一人暴走きたー!)

私「そうですね。では、明後日の会議には提出しないということで。」

 

心の声

お得意の「一人暴走」きたー。

緊急事態ってなにー?

急ぐ必要って、どこにあったのー。

私がくそ忙しいって分かってて、大変だって分かってて電話してきたんですねー。

予定通り9月で良かったんですねー。

周りを巻き込まないでー。

いつもいつも、一人暴走を発動するのやめてー。

 

さて、部署に戻り、同僚に報告しました。

私「明後日の会議には資料は出さないって。」

同僚「えっ・・・・・・。」

 

うわー。引いてるー。顔が引きつっているー。

持ってるコーヒーカップ落とさないでねー。

そうなるよねー。

 

こんな状況の部署ですが、協力していくことが大切だな、と思う日々です。

 

一人暴走

意味:自分は正しいと思い込み、計画や周囲の状況を完全に無視して突っ走ろうとする人。いきなり暴走が発動されるため、周囲の人々は驚くだけではなく、暴走に付き合わされることになり大変な目に遭ってしまう。暴走が終了すると、本人は何事もなかったかのように収束に向かう。しかし、巻き込まれた人は傷ついたり、また後片付けをしなければならない。一言で言えば変人である。

類語:台風、竜巻、混乱

使用例:一人暴走きたー!

 

良い人生が歩めますように。