鬱ってステキです。

鬱病で入院している日記のようなものです。

会社へ報告

今日は、まだまだ回復が一歩も進んでないんだなぁと実感して落ち込んでます。看護師さんが気にして下さり、話を聞いてもらいました。

主治医にも話し、少し薬の量が増えました。服用の薬について薬剤師が説明されますが、すぐに忘れます(笑)。説明が多いんだもん(笑)

またお昼からの薬が変更されることになり、待機中です。

 

 

さて、会社に診断結果を報告しました。すでにうつの薬を服用してるため、具合が悪く、早朝の準備をフラフラしながら終わらせました。倒れそうなぐらいに気分が悪かったのと、まるで徹夜明けのように強い眠気で倒れそうになっていました。

その日は休日にし、自宅へ帰りました。

翌日に眠気とぽわ〜んとした感じで報告しました。

「色々なことを心配しなくていい。先ずはあなたの身体が大事だから」

なんて嬉しい言葉でしょう(T_T)

嬉しくて涙が出ると思われるところです。

けど、涙ではなく、出てきたのは怒りです!

「ありがとうございますm(__)m」

と頭を下げましたが、本音は「この嘘つきやろう」と思ってます。

「追い込んだのはお前だろう!」

「仕事で一杯になってたのに気づいてたのに無視しやがって、今頃になってあなたの体が大事だあ?休日に仕事に出てきて、大変だねぐらいしか言えないようなやつが、ふざけるな!」

「死のうとしたんだぞ」

と、心の中で思いました(笑)。

 

何度も何度も、何度もお寺にだまされてきました。素直に頑張り、仕事が増えていくのは自分への評価であり、家族の幸せにつながる。私の父がそんな感じでした。

それが私の大切にしていたことです。

苦しくても人に頼みにくい、頼めない、自分がやらねば、弱音を吐いたらだめだ、本当にバカです。

そうやって溜め込んでしまうのが私のクセ、弱いところです。

だからたった数ヶ月で死のうとするところまで追い詰めたんです。本当にバカ野郎です。

死ぬくらいなら辞めればいいのに。でもやめられないんですよね。思考が停止して、考えられなくなってるからです。

 

 

少しでも不安が小さくなりますように(*^_^*)